スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆく年くる年 2015-2016

2015年も、大晦日、年内最終営業日を迎えることができました。
こうして、無事に皆さんにご挨拶できることを、本当にうれしく思います。
大将は、昨夜はほとんど睡眠をとることもなく、早朝、家を飛び出していきました。
毎年恒例、てんてこまいの大晦日の朝です。

2016注連飾り

そういう女将にとっては、はじめての年越し営業で、緊張に気持ちを引き締めております。
山葵のスタッフには「特別な事情がない限り大晦日は出勤!!」というルールが刷り込まれています。それほど多くのお客様が来店される、特別な1日です。
終わりよければ全てよし!よい仕事納めとなるよう、残り1日頑張ります。

大晦日だけでなく、新米女将の私にとって今年は山葵元年。すべてが新しいことばかりでした。
大将から店の話やお客様について聞いてはいたものの、その店に立つことが現実となり、お客様と直接お会いし、お話するというのは、とても新鮮で、大変なことでした。
大将の言葉から、お客様おひとりおひとりがどんなに山葵にとって大切な存在かが十分に伝わってくるため、1年目の新米女将がその関係を壊してしまっては…と恐怖さえ感じる毎日でした。当たり障りのない、お天気やご挨拶の会話くらいしかできないつまらない私に、温かいお言葉をいただき、成長を見守ってくださり、お客様を迎える側であるはずの私が、迎えていただいていると感じることが何度もありました。この場をお借りして、お礼申し上げます。「山葵のお客様でいてくださって、ありがとうございます。」

まだまだ、自信のない、失敗の多い女将でございます。この立場に立って、今更ですが、何年か前にAKB選抜総選挙の際の前田敦子さんの「私のことは嫌いになっても、AKBのことは嫌いにならないで下さい」という言葉の気持ちが、よくわかる気がいたしました(笑)。調理スタッフの料理に対する姿勢、パート、アルバイトスタッフのお客様に対する姿勢、大将の山葵に対する想いに毎日接していると、もちろん私と同じく、まだまだの部分もたくさんありますが、この店の人間として、改めて「山葵」という店が好きになりました。新年を迎えるに当たり、つくづく私もこの店の一員として、もっともっとがんばらなくては、という気持ちです。

さて、女将のひとりごとが長くなってしまいました。
本日は大晦日特別営業として、11:30ラストオーダー、深夜0:00まで営業いたします。
穏やかなお天気で、混雑が予想されますが、一年の締めくくりをぜひ山葵の年越しそばと、酒肴で行っていただければと思います。年越しのご挨拶ができるのを、スタッフ一同、楽しみにお待ちしております。

またご自宅で、ご家族で年越しをされる皆様には、どうぞよいお年をお迎えいただけますよう心よりお祈り申し上げます。

新年は1月5日(火)からの営業となります。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。


2016 正月花


山葵 女将
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。